家庭用脱毛器

【THRシステム採用!】家庭用脱毛器opusbeautyとBiiTo2を徹底比較してみた

産毛・白髪にも効果があるとされる家庭用脱毛器OpusBeauty(オーパスビューティー)とBiiTo2(ビートツー)

よくよく調べてみると、製造しているメーカーが同じでした!

では何が違うのか…?気になったので調べてみました。

THR方式とは

まず初めに、OpusBeautyとBiiTo2に採用されているシステムTHR方式についてちょっと説明します。

従来の家庭用脱毛器のほとんどは、IPL光脱毛システムを採用しています。

このIPLというのは、毛のメラニン色素に光が反応して、毛根にダメージを与えるもので、実は医療レーザーでも使用されているシステムです。(医療レーザーはパワーが強い)。

濃い毛に反応するため、剛毛さんにはオススメできますが、一方で産毛・白髪などに弱い性質を持ちます。

一方のTHR方式は、毛の再生に関わるバルジ領域に熱を蓄積させ、そのダメージで脱毛を行う方式のことです。

遠赤外線領域の波長を利用して、肌の奥まで光を浸透させて脱毛を行うので、

  1. ダメージが少ない
  2. 産毛・白髪にも効果が出やすい

などのメリットがあります。

スポンサーリンク

家庭用脱毛器でHTR方式が採用されているのは現在2機

家庭用脱毛器でTHR方式が採用されているのは、現在2つのみです。

名前や値段は違いますが、実は2機とも同じメーカー「株式会社NBS」で製造されているもの

株式会社NBSは、国内の業務用脱毛器の製造・販売を約14年手がけてきた名古屋の会社で、

このノウハウを家庭用脱毛器に組み込んだのだとか。

一般的にあまり名の通っていないメーカーなので、その脱毛器の情報やクチコミはかなり少ないのですが、

とりあえず探せた情報だけで2つを紹介してみます。

OpuaBeauty(オーパスビューティー)

最初に紹介するのは、オーパスビューティー(OpusBeauty)。

前述した国内の脱毛器メーカー株式会社NBSと医学博士が共同で開発した脱毛器です。

業務用THRシステムを元に開発されていて、アイスクール機能がついているのが特徴。

照射パワーも14ジュールと業務用脱毛器レベルで、それでいて従来の家庭用脱毛器より痛みが少ない仕様になっています。

スキンタッチセンサーやチャイルドロックなど、4つの安全機能で誤作動を防止するので、デリケートな部分や、お子様の脱毛も安心してできるとのこと。

カートリッジの交換も不要なので、追加で料金が発生することもありません。

価格も41800円と、従来の脱毛器と同等かそれより少し安いくらいなので、手が出しやすいと思います。

ただ、生産が限定された商品なので、購入予約は2ヶ月待ち。

2021年4月現在で購入すると、手元に届くのは6月以降となっています。

良さげな商品なのに、とてつもなく惜しい!

公式ショップはコチラ:OpusBeauty

BiiToⅡ(ビートツー)

続いてはBiiTo2(ビートツー)

オーパスビューティーに、美肌効果の期待できるカートリッジがついた脱毛器です。

同じくTHR方式で、パワーはオーパスビューティーと同様の14ジュール。

それでいて、

照射モードが子ども・女性・男性の3つから選べる

パワーは5段階調整可能

脱毛カートリッジの他に、肌荒れ防止フィルター、コラーゲンフィルターもついてくる

と、脱毛に美容機能が備わった脱毛器です。

価格は、59,840円とOpusbeautyより高くなるのですが、

  • 楽天・Amazonの両方で購入できる
  • ポイントバック率が高いショップもある

とオーパスビューティーと比較しても、そこまでコスパは悪くない商品だと思います。

created by Rinker
OPUS BEAUTY
¥59,840
(2021/05/07 22:43:46時点 Amazon調べ-詳細)

何が違うの?2つを比較してみた

価格と搭載機能が違うのはわかりました。

しかし重さとか給電方式とか、細かい違いはよくわからん!ってことで、重さや他の機能もまとめて表にしてみました。

オーパス
グロウビューティー
BiiTo2
製造 株式会社NBS 株式会社NBS
価格 ¥41,800-
(※公式ストア価格)
¥59,840-
(※公式ストア価格)
タイプ THR方式 THR方式
対象年齢 10歳〜 10歳〜
重さ 記載なし 250g
給電方式 コード コード
冷却機能 あり 空冷
パワー 14.2ジュール 14ジュール
パワー調整 5段階 3モード×5段階
連射機能 オート照射0.8秒 記載なし
照射回数
※最大出力の場合
35万発 35万発
照射面積 大・小選べる
カートリッジ交換 不要 必要
1ショットあたりの単価 0.11円 0.17円
お手入れ頻度 週1〜2に1回 週1

同じメーカーが製造しているだけあって、基本的な仕様はほとんど変わらないと思います。

家庭用脱毛器といえば、気になるのはやはりその重さと給電方式だと思います。

我が家で使用していたフィリップスの脱毛器は充電タイプで、使いたい時に電池切れ!なんてことが多々あったのでちょっと面倒でした。

しかし、オーパスビューティー・BiiTo2に関してはどちらもコード式

使いたい時にさっと取り出せてすぐに使えるので、とても良いと思います。

一方の重さについて、我が家で使っていたフィリップスは本体重量約490g、少し大きいので持ちにくいのがデメリットでした。

BiiTo2に関しては250gと超軽量!フィリップスに比べるとかなり軽い

オーパスビューティーに関しては、なぜだかどこにも重さを記載してる人がいなくて汗

もしかしてBiiTo2より重かったりするのかな?と想像したりしています。

私が購入するなら

資金に余力のない私が購入するなら、完全にオーパスビューティーなんだけど。

手元に来るのに2ヶ月かかるんですよね。

それを考えると、BiiTo2の方を買った方がいいかなと思ったりします。

BiiTo2なら、Amazon・楽天の両方で購入できて、しかもショップによってはポイントが14,000分もらえたりするので、実質お買い得なのでは?と思います。

楽天で購入する時は同梱物に注意

ちなみに、楽天でBiiTo2と検索すると、正規価格より2万円ほど安い商品が表示されます。

実はこれ、セット内容が違います。

楽天で4万円代で販売されているのは、そのほとんどがスタンダードセット

スタンダードセット価格

カートリッジが1〜2つしかついてない商品が多いです。

確認せずに購入してしまうと、欲しかったフィルター(カートリッジ)が入ってない!と追加購入が必要になるハメに!

美肌ケアのできるコラーゲンフィルター、肌荒れ防止フィルター、さらにはVIOなどデリケートな部分に照射しやすい脱毛カートリッジ(小)が同梱されているのは、¥59,840-のデラックスセットになりますのでご注意くださいね。

デラックスセットの価格とセット内容
スポンサーリンク

BiiTo2を一番お得に購入できるのはどこ?私的結論

今回紹介したTHR方式の脱毛器は、製造メーカーで直接販売しているものではありません。

購入する場合は、正規代理店を通して購入する必要があります。

代理店によって価格や特典が違うので、購入場所にかなり迷ってしまいます。

個人的には、正規価格に近いショップが安心だとは思いますが、一応見つけた中でも最安値のショップも貼っておきます。

安すぎて大丈夫かな?ってちょっとビクビクしてるんだけど、サロンであればこのくらいの値段で購入できるっぽいので、どうしても安いのが良い!って言う人はここから購入するのもオススメ。

安すぎて怖い!って人は、コチラの認定ショップもいいと思います。

ご自身の予算に合わせてぜひ両方をチェックしてみてくださいね^^

おわり

created by Rinker
OPUS BEAUTY
¥59,840
(2021/05/07 22:43:46時点 Amazon調べ-詳細)