やりたいことリスト100

2020年版|今年三十路を迎える私的やりたいことリスト100

こんにちは。

今日も今日とて坐骨神経痛に苛まれている私です。

もうすぐ年明けということで、毎年恒例!やりたいことリスト100を書き出してみました。

去年の達成率は20%と低かったので、今年はもう少し達成しやすくなるように、より具体的なリストを意識して作成したつもりです。

後半には、我流”やりたいことリスト100”の書き出し方もあるので、ぜひ参考にしてくださいね!^^

やりたいことリスト100

001.10kg痩せる

002.Fincの家庭教師ダイエットを始める 20200101 達成

003.ステッパーを毎日30分踏む

004.ストレッチポールで毎日ストレッチをする

005.2ヶ月に1回、整体に行く

006.ウォーキングレッスンに参加してみる

007.シミ取りをする

008.ジェルネイルキットを購入する

009.パーソナルデザイン診断を受ける

010.イメコン同行ショッピングにチャレンジをする 20200111 達成

011.骨格診断を受ける 20200111 達成

012.巻き爪専門の治療院に行ってみる

013.首里にあるミツバチの針を使った針治療に行く

014.-5kgジーンズに挑戦

015.エアークローゼットをうまく着こなす

016.月収50万円を達成

017.雑記ブログ300記事達成

018.2018年に書いた記事のリライト

019.特化ブログの開設 20200324 達成

020.名刺をつくる

021.メンターを見つける

022.ひとつのコミュニティに加入してみる

023.You Tubeに動画を50本UP

024.DMMのオンライン英会話をはじめる

025.TOIECを受ける

026.将来につながる資格を一つ取得する

027.カラー系の資格を取得する

028.100万円貯金

029.FREEEで確定申告にチャレンジ 20200218 達成

030.ふるさと納税で新鮮な食材をいただく

031.リボを全額返済

032.カエル肉を食べる

033.ワニ肉を食べる

034.ウミヘビを食べる

035.マンボーを食べる

036.カンガルー肉を食べる

037.工芸茶を楽しむ

038.MacBookを買う

039.ヘアビューロンのアイロンまたはドライヤーを買う

040.タイプライター式キーボードを買う

041.ホームシアター用のプロジェクターを買う

042.旅行用のスーツケースを買う

043.47都道府県制覇

044.USJでハリーポッターになりきる

045.秋田県で秋田犬を愛でる

046.変なホテルに宿泊しておこもり執筆を楽しむ

047.人生初のかき小屋でめいいっぱい牡蠣を頬張る

048.闘牛を見に行く

049.沖縄のクリエイターズマーケットを見に行く

050.実家に顔をだす

051.4DXの映画を体験する

052.ハリネズミカフェに行く

053.中華街を練り歩く

054.喜屋武岬に行く

055.プール付きのヴィラでおこもり執筆をする

056.リトルワールドで民族衣装を体験する

057.アナスタシアで眉毛を整えてもらう

058.福岡で学生時代の友人と再開する

059.10月に自宅を引き払う

060.スーツケース1つの生活を体験する

061.婦人科検診を受ける

062.宝くじを買ってみる

063.一流のものに触れる(歌舞伎とか相撲とか)

064.1万円募金する

065.レノボのノートブックをデータ抽出後に処分する

066.素敵な言葉はメモを取る癖をつける

067.変なTシャツを買う 20200105 達成

068.Vlog用の高級コンデジを買う

069.瞑想で精神統一の時間をつくる

070.ゆうこすの動画を真似ながら中国メイクに挑戦する

071.田中みな実さん愛用のロングルアージュのネイルオイルをお迎えする

072.彼氏の誕生日に生まれ年のワインで乾杯をする

073.ベストコスメ2020をまとめる

074.今年のベスト10冊を作る

075.年末に今年の映画ベスト10を作る

076.ブログ30万PV達成!

077.左腕の内側にオシャレタトゥーを入れる

078.30歳の記念に写真館で写真をとる

079.呼子でイカを食べる

080.毎月、購入品レビュー記事をアップする

081.彼氏と二人で歯医者に行く

082.長崎ペンギン水族館に行く

083.愛媛の下灘駅で写真撮影を楽しむ

084.胎内巡りにチャレンジ

085.県を超えるごとに宝くじを買う

086.20代にしておきたい17のことで紹介された17冊を読む

087.年100冊の本を読む

088.採血絶対失敗されるマン献血に行く

089.年50本の映画を見る

090.素敵なBL漫画に出会う

091.芥川賞・直木賞作家の作品を一冊ずつ読む

092.自宅にある積読本を読み尽くす

093.首里城へ足を運ぶ

094.枕崎で砂むしを体験する

095.イッセイミヤケのタートルネックを買ってスティーブ・ジョブズのことを考える

096.美味しいスコーンに出会う

097.錦帯橋の上で写真を撮る

098.唐船峡そうめん流しを体験する

099.ルーツを本格的に探る遺伝子検査にチャレンジしてみる

100.昆虫博物館で奇妙な昆虫と出会う

スポンサーリンク

私的やりたいことを100個書き出す方法

一年の間に達成したいことを100個書き出す”やりたいことリスト100″。

簡単そうに見えて、実は毎年50個あたりで手がとまってしまいます。

Twitterでちょっと検索をかけてみると、私以外にもそういった半分で手が止まる人が多いように見受けられました。

というわけでここからは、私流やりたいことリスト100の書き出し方をまとめています。

2-1.現実の自分と理想の自分を比較する

やりたいことリスト100を作成する前に、まず私が行う作業は理想の自分を書き出すことです。

将来、どんな自分になりたいかを書き出してみます。

この時、多少無謀でも、自分の願望を思い切って書き出す事が大切。

誰も見てないのだし、心をドーンとオープンにバシバシ書き出してみましょう。

2-2.理想の自分になるために、どうすれば良いのかを考える

理想の自分を書き出したら、次は理想の自分になるために自分がすべきことを大まかに書き出してみます

例えば私の場合であれば、

理想体重60kg→ダイエット

美しい歯並び→歯科矯正

という感じです。

そうして大まかに書き出したら、今度はさらに具体的に、目標を叶えるためにするべき行動を書き出してみます。

最初は気張らず、とにかく思いついたままを書き出すイメージでOKです。

この時大切なことは、「お金がないから無理」とか「時間が無いから無理」と諦めてしまわないこと。

例えばお金が無いならお金を作るためにはどうすればよいのか、

時間を作るためにはどうすればよいのかを、どんどん深掘りしていきましょう。

2-3.直近で自分にできそうなことをリスト化

2-2で、ある程度深掘りしたら、最後はリスト化です。

リスト化する際に注意したいのが、

目標の具体性

長期的な目標はあえて数を減らす

例えば、

自宅で毎日ステッパーを踏む

という項目は、”毎日”と書かれているように、年が終わるまで毎日実行し続けなければ達成したことにはなりません。

そういった長期的な目標を多めにリストに加えてしまうと、達成率があがりにくくなり、自分のモチベーションを下げてしまう原因に。

実際、私の2019年のやりたいことリスト100は、そういった目標が多くて、チェックがなかなか着けられず、見るたびにゲンナリしていました。

リスト化する際は、なるべく長期的な目標を避けて、具体的な数字と期間を決めて書くことをオススメします。

2-4.それでもやりたいことが思いつかない

どんなに頑張っても100個書き出せない…!

そんなときには、他の人のやりたいことリストを参考にするのもオススメです。

ツイッターで「#やりたいことリスト100」検索をかけてみるとわかるのですが、家族構成や境遇によってリストの内容は随分変わってきます。

そういった他人のウィッシュリストに目を通すことで、新たな目標が見えてきたりすることも。

また、先人の知恵を借りるため、書籍に目を通すことも有効です。

下記の書籍には、著者が20代・30代のときにコレをやっておけばよかったとか、これをやっておいてよかったという

経験に基づいたやっておいたほうが良いことが記されています。

created by Rinker
¥660
(2020/12/05 01:54:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥660
(2020/12/05 01:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

まとめ

100個のリストを作成するのは結構大変です。

そして、書き出したことを達成するのはもっと大変です。

しかし、年始に自分の理想や目標を明確にしておくと、自分が今どう動くべきなのかを想像しやすくなり、年末には、いつもより充実した一年を過ごしたように感じます。

そう考えると、達成できるできないにかかわらず、自分の理想や目標を目視できるようにしておくことはとても意味のある行為だと思います。

目標を達成する度に理想の自分に近づけるだけではなく、さらに新しい目標ややりたいことがどんどん出てくるのがウィッシュリストの良いところ。

やりたいことリスト100をまだ書いたことがない、という人はぜひ、この機会に試してみてくださいね!

おわり